スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLAYZONE 1986・・・2014★ありがとう!~青山劇場★

たいっっっっっへんご無沙汰のエントリーです。約2年ぶりです。ルナです。
突然長文書きたくなってこちらに来ました。
最近はあちらでつぶやいて満足しちゃってたんですけど、
ちょうど1週間前に行ったPLAYZONE2014千秋楽がもぉもぉもぉ、わたくしのうん十うん年の人生がひっくり返るほどのとーーんでもない想い出になってしまったのでこの記憶を書きとどめておかない手はないと思い、最近の私にはとてつもなく重かったパソコンのフタを思い切って開いてみた次第ですw

久しぶりに見る我がブログは、テンプレの再設定から始めないといけないぐらいの荒れ放題な有り様で、最初ちょっと手間取りましたけれども
どうにか書き始めることができましたわ。
書き始めれば2年のブランクはなんのその、指が勝手に動くもんですねw

さて、PLAYZONE(以後プレゾン)のことを書き始める前に・・・
私が今誰が好きかということを簡単にご説明させていただきたいと思います。
前回のエントリーが高橋颯くんについての内容になっておりますが、
今も高橋颯くんは好き好き大好き!!2年前と変わらず応援しております。
颯くんの出るテレビ番組は必ず録画してますし、出てるコンサートや舞台はほとんど全部行ってます♪
高校生になって、やっと年齢が外見に近づいてきたかなぁ?と。いろいろ制約の多かった中学生時代からは卒業して、お仕事にもどんどん幅を持っていってくれたらいいなぁと願っているオバちゃんです。

そしてそして、もう1人、今大大大好きで一生懸命応援しているのが・・・川島如恵留くん!!
2012年冬のJohnny'sワールドで予期せぬファンサをいただき、急激に転げ堕ちました
今は舞台中心に活動している彼なので、テレビでお姿を見られることは少ない(たまに少クラに出てるぐらい)のですが、舞台で生の姿を見るとなんとも惹きつけられる魅力のある人です。クセになりますw その魅力についてはまた別エントリーでしつこいほどたっぷり書ければ

というわけで、ちょこちょこ軽い浮気はありますがw、今は颯くんと如恵留くん2トップで応援しているわたくしです。

プレゾンを観に行ったのも如恵留くんが出ているからでして、あとはプレゾンという舞台が大変好きだからです。
普通の舞台とは違ってお芝居はほとんどなく、ひたすら歌って踊って終わるという、体力の限界に挑戦している舞台ですw
それも最近のプレゾンはオールジャニーズ懐メロ歌合戦のようになっていて、わたしら世代にはたまらないちょっと懐かしいジャニの楽曲を翼くん中心とした10代20代のダンスに定評のあるジュニアが新しい振付け・最高のスキルでガシガシ踊ってくれるという夢のような楽しさ。特に好きなジャニタレがいなくても純粋に楽しめるんじゃないかな。
そしてお芝居だけの舞台とは違い、コンサートのようなテイストも多分にあるので、客席降りて踊ったり、ハイタッチしながら客席中を回ってくれたりと、お客さんと一緒に盛り上がって一緒に楽しんでいっぱいファンサをくれるという、ワクワクの最高潮に達せられるアドレナリン出まくりのおいしい舞台なのです。一度行ったら病みつきになるよw


ではではそろそろ本題のプレゾン千秋楽について書き残しておきたいと思います・・・

(かなり自己満足な内容で、しかも無駄に長いのでご了承願います。)




今回の夏プレゾンは、自力でチケット取れたのが4回。
しかも今回席がどれもイマイチで・・・2階立ち見→2階B列→1階U列→1階P列 だったもんで、最初の3回はイマイチテンションが上がり切れず。遠くからなんとなく傍観してるって感じだったんですけど、
(ここ数年でいい席じゃないと満足できない体質になってしまいましたあんまりよくない傾向ですね)
4回目の観劇で、P列の通路から二席目の席に入って初めて肉眼で舞台上がよく見え色んな人とハイタッチできて(もちろん如恵留くんとも)「プレゾン観に来てるわ私~!参加してるわ私~!」って実感できて、心から楽しめたんですよね。やっぱプレゾンは楽しいわ~♪♪って!
なので4回目の観劇(8/6)終わった時点で「もう1回観たい!」って思いが沸々と湧いてきて・・・
でもチケットないし、冬にもプレゾンあるから我慢しなきゃなぁーってボーっと考えていて。
ただたった一つの希望の光、それはだいぶ前に特別登録に申し込んでいたんですよね。最終日の昼公演を。
それが、なんとなく、なんとなくですよ、もしかしたら当たってるんじゃね?っていう予感があったんです。

そしたらば・・・最終日の前日の夜、7時ごろですよ。私の携帯に見慣れない番号から電話がかかってきまして。

キターーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

もう電話出る前からコンサート事務局からだな、ってピーンときましたw

出てみたら案の定、プレゾン事務局からで、「17時30分の回のお席がご用意できそうです」って!
昼公演を申し込んでいたはずなんですが、夜の回といえば千秋楽!そっちに回してくれるならこんなラッキーなことないですよ。もう2つ返事で「大丈夫です!!」と。
ただ、「集合してからの抽選になるので、お席がご用意できないこともあります」と言われ・・・
まぁその時はその時だ、ということで、翌日青山劇場へ向かいました。

集合時間に集合場所に行ってみると、おなじく特別登録に当選したであろう人が10数人。
こん中で当たる人と当たらない人が出るのだろうかと思うと緊張しちゃっていてもたってもいられませんでしたよ。
全員が受付終わると、しばらくして一人ずつ名前が呼ばれ出し、呼ばれた人からお金払ってチケットを受け取り、会場内へ入っていったのですが、
私の名前がいつまでたっても呼ばれない!!
「私は?私は?」と焦りながらも呼ばれた人を羨望のまなざしで見送ってるうちに、周囲にいたはずの人は1人、また1人と減っていって、気付くと・・・私だけ!!!最後の1人!!!この時はマジで焦ったよ。私だけ席が用意できてなかったらどうしよう、泣くに泣けない、最悪だーーー
と思ったら・・・「●●さん!」私の名前がやっと、やっと呼ばれました~。そして「お席がご用意できました」って!!!
もぉこの時はその場にしゃがみこみたいぐらいホッとしましたよ。涙出そうだった。(結局は入れない人はいなかった模様)
そしてチケ代を払ってチケットを受け取り、席番号を見ると・・・
ん?1階A列??
は?
2階じゃないよね・・・?
え?
しかし何回見ても1階A列。
いやきっとA列っていっても一番はしっこの見切れ席じゃない?と思って番号を見たら・・・19番。
あれ?端じゃない!
マジでぇ??????

しかしその時点でもう開演5分前だったのでゆっくり考えてる暇はない、取り敢えず入らなきゃ!と慌てて青劇前の最後の挨拶待ちで集まった乙女たちの中をかいくぐって劇場の中へ。
どうせ入れても1階のV列とか、あわゆくば関係者席のM列に入れたらラッキーだけどな、ぐらいに思っていたのに1階A列とは・・・いくらなんでも飛びすぎだろ・・・と信じられない気持ちを抱えながら1階席の扉に飛び込んで階段を駆け下りました。この時点で緊張で足がガクガク。階段踏み外すかと思った。
いつも後ろの方の席から「あの一番前の列に座ってる人っていったいなんなんだろう。どうやったらあんな席に座れるんだろう」って思ってたところに自分がまさに座ろうとしている。信じられない。
どうにか最前列にたどりつき、19番を探したらば、
なんと通路横!
ステージから客席に降りる階段の目の前!
ここって・・・ズッコケ男道で如恵留くんが客席降りしてすぐ目の前で踊る席やないか~い!!!!!
ひえ~~~~A列だけでもすごいのに、自担が!自担が!思いっきりくるとこ!!!DVD観ていつも「あの席の人如恵留くんにかまってもらって羨ましい~」って思ってたとこ!!!はぁぁぁぁぁぁぁぁぁどうしよぉぉぉぉぉやばいやばいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
心臓が尋常じゃなくドキドキして、全身はガクガク、冷や汗ダラダラ。
ちょっと、化粧直ししたいけどもう開演3分前。トイレに行ってる暇もない。とりま手鏡見て口紅だけ直し、携帯の電源切ったとこで会場暗転。

ギャーーーーーー始まるーーーーー!!!!!
まだ心の準備できてないよぉーーーーーー!!!!!

いつもの少年隊の映像が流れ、しばらくすると・・・

生翼くんがドン!ひえぇ~近い!
そして生優馬くんドン!生屋良くんドン!
生ジュニアドン!!!

あまりの近さにあわあわしてる間にダイヤモンドアイズ始まった~。ステージとの距離が近すぎてもぉどこ見ていいんだか。近い!近すぎるよ!!みんな近くで見ると超絶イケメンだよ!!笑顔が輝いてるよ!!近くでガシガシ踊ってるとこ見ると迫力ハンパないよ!!筋肉がひしめきあってる感じだよ~!!かっこいい~~!!!
そんな感じで1曲目は誰を見ていいんだかキョロキョロキョロキョロしちゃって、如恵留くんのいるのも確認はしたんだけど、如恵留くんよりも前列にいる先輩ジュニア達の迫力がすごすぎてそっちばっかりに気がいっちゃって、テンパってる間に終わってしまった(爆)

畳みかけるように2曲目のVenus、3曲目のお祭り忍者が終わり・・・
(お祭り忍者はセットの都合上ステージの奥の方で踊るので最前席からもちょっと遠く感じたw)
4曲目のFUNKY FLUSHIN'でふぉーゆー兄さん客席にキターーーー!!!
もぉここからは最前列の醍醐味といいますか、みんな必ず前を通ってくれるのでハイタッチし放題だったんですけども、
まず最初にコッシ-がステージでちょっと歌ってから目の前の階段を下りてきてたんで、いの一番にハイタッチできました~。ハイタッチというか私の左腕とコッシ-の左腕が絡まるようなタッチになりましてw、コッシ-の肘から下部分のプヨプヨスベスベしてる部分を思いっ切り掴んだ感じになりまして、なんともいえないコーフンが(爆) 
そんでコッシ-はホントに客席降りると王子様みたいなんだよな。ニコニコさわやかなのはもちろん、スラーーっとかっこいいのはもちのろんろん、なんとも言えない優雅でソフトなオーラを身にまとっているの。王子様が姫を迎えにあがったみたいな
コッシ-は前々から気になってはいたんだけど、このプレゾン千秋楽で私の中のコッシ-株がぐぅ~~んと上がって、如恵留くんとおなじぐらいコッシ-を見ていました。コッシーがステージ上で踊ってる時もこっちがジーーッと見てると絶対コッシ-もこっちを見てくれるんですよ。ちょっと薄笑いを浮かべながら。それがアイドルの微笑みじゃなくて、ちょっと悪い顔なんですよ。「はいはいしょうがないなぁ構ってあげるよ」的なねw それが楽しくって楽しくって♪ 違ったポイントでのアイドル萌えのような。でもコッシ-は正真正銘のイケメンですので、正当な萌えもあり。ダブルで楽しめる方です。はい。
コッシ-の後も辰巳先輩とか何人かとタッチできまして、それも時間かけてじっくり顔を見てもらえてタッチできたので、大満足でございました。席がいいとこんなにも楽しいのかと。つくづく。

そしてそして・・・5曲目はトラジャのA・RA・SHI!!!
いよいよ如恵留くんをじっくり堪能できる~!!!
最初はステージ後方で踊っていたのが、だんだん前にきて、「はぁ~、生如恵留くんだ~」というなんともいえない感動でも前半は如恵留くんの前でみゅーとがでっかい体でガシガシ踊っているのがどうしてもフレームインしてきちゃって、せっかくだからみゅーとも見ておきたいし、なんて思って2人交互に見てましたね。みゅーとは膝下が驚異的な美しさ。そして髪振り乱してガムシャラに踊り狂ってる感じで迫力がすごかったです。如恵留くんの方が落ち着いたダンスだったかな。2人が絡むところを近くから拝ませてもらったけど、如恵留がみゅーとの頭をなでなでした後、みゅーとの手が如恵留の顔にバン!って当たっちゃって、多分あれ如恵留結構痛かったんじゃないかと思うんだけど、ダンス中だったから笑顔のままで、そのあとみゅーとは「ごめんね」的な感じで如恵留くんの頭をなでなでしてましたwそんなやり取りも近くで見ると臨場感がすごくてうわ~~ってなっちゃいました。
で、間奏部分になって、如恵留くんが舞台下手から私の目の前にキターーーーー!!!!!
スポットライトを浴びているのでハッキリクッキリ、ホント肉眼で毛穴まで見えるんじゃね?って距離で下から舐めるように見させていただきました。ホント贅沢な時間だったなぁ。曲の中の見せ場でもあるので、一点を見つめて懸命に踊ってたよ。キレッキレなダンスすごかった。ただただ見とれるだけだった。ふくらはぎの筋肉がすごかったw
トラジャ唯一の自分達だけの曲。8人全員が気合い入ってるのが伝わってきて、終わった時は人一倍力を込めて拍手させていただきました。若さ溢れててかっこよかったよ~!

で、6曲目の翼くんの情熱熱風せれなーでが終わり・・・
大好きな俊ちゃんメドレー!!!

でもここ毎回思ったんだけど、後ろ向いてお客さんの方にお尻向けて踊る人が何人かいるでしょ。あれがもったいなかったなぁ。正面向いて踊ってほしかった。なんで後ろ向きの演出にしたんだろ。クラブで踊ってる雰囲気を出したかったのかな。
だから如恵留くんのダンスも背後から見る感じで非常に残念だったんだけど、やまりょと池田くんと如恵留くんのバック転→バック転→バック宙のところは綺麗に3人揃って思わず拍手!最後のバック宙が最近如恵留くん膝を抱えて回るようになって、より一層美しさが増しましたね。安定感も出たし。さすがアクロバットリーダーですよ。惚れ惚れです
そんでそんで、原宿キッスの終わりかけのところで、いきなり宮近くんがステージからハイジャンプして私の席のところに飛び降りてきまして、突然のこととあまりの迫力に超びっくりして「ひゃーー」って声が出ちゃったんですけど、そのあと立て続けに如恵留くんも超ハイジャンプしながら私の席のところに飛び降りてきてこれもまた「ひゃ~~~~~!!!!!!」ってビックリ!そうか、そういえばこの部分で客席に降りるんだった!すっかり忘れてた!!気付いたら私の横にいた如恵留くんに頭真っ白になりながらも、気付いたらとっさに如恵留くんの腕を掴んでました(爆)如恵留くんちょっとびっくりしてたけど私の方をニコッとしながら見てくれて、そのまま後ろの方へ行ってしまいましたけども。軽くパニクっていたら曲終わりにまた如恵留くんすごい勢いで戻ってきて、私の席の背もたれに手をついて曲がって私の前をすごい勢いで駆け抜けていきました~はぁ~~かっこいいぃぃぃぃぃぃ

そんなことがあったもんで、8曲目のふぉーゆ兄さんの気まぐれOne Way Boyはちょっと上の空だったかな。ごめんねコッシ-w

そしてまたまたまた客席降りの曲、9曲目のズッコケ男道ですよ!もぉもぉ身が持ちません助けて~!
曲始まってドキドキしていたら、しばらくして如恵留くんが後方客席から降りてきて私の前へ!!キターーー!!!
ほんっとに近くて、手を伸ばせばすぐ触れる距離。1メートルあるかないかですよ。そこで踊ってる自担を見てられるなんて・・・ここは天国か? 顔を見てるのもちょっと勇気いるぐらいの近さだったんだけど、これは見なきゃもったいないと思って心してジーーーっと見つめ続けておりました。如恵留くんのダンスがこれまたすごいキレッキレなもんだから、風がビュービューきてそれに当たれるという極上の幸せ匂いは無臭だったよwあまりの迫力すぎて如恵留くんの腕が私にぶつかるんじゃないかと思ってちょっと後ろに体引いちゃったぐらいだったw
ひとしきり踊った後はハイタッチコーナーのスタートです!「如恵留担のプライド!いの一番にハイタッチしてもらわな!」と思って気合い入れて如恵留くんに向かって両手を差し出して待機してたらばすぐに私の方を向いてくれまして、まずクリックリのお目目でジーーッと見つめてくれ、その後にとびっきりの極上のぶりっこ笑顔でキラ~~ンって笑ってくれて、しっかり両手でタッチしてくれましたハイタッチトップバッターでしかも結構時間割いてファンサしてもらった感があって、もうもうもう感無量私が如恵留担になってからの一番の濃密な接触にアドレナリン噴出しちゃってしばらくその場から身動き取れなかったよ。はぁぁぁぁぁこんな幸せいいの??
その後も何人かとハイタッチできたけどやっぱり如恵留くんの威力がすごくてな。あ、間奏のところでステージ上で踊る時、みゅーとと如恵留くんが目の前で踊ってたんだけど、あからさまに如恵留くんだけをガン見してたら、その後客席降りてきたみゅーとにハイタッチしようと手出したのにスルーされたよwwwすいませんね。

10曲目愛なんだはコタ池が超近くてボーっと見てました。

11曲目うわさのキッス。また如恵留くんが出てくるよ~!幸せ
私この曲のトラジャ兄組のダンスがすごく好きで、4人が連なって踊るダンスもすごく好きだし、最初はえっ・・って思った兄組の衣装も、よくよく見るとピチピチしてるのがエロくていいわ~って思ってw とにかく兄組かっこよかった!!みんな楽しそうに踊ってた!!sexyだった!!個人的なポイントとしては如恵留くんがステージの後方へ駆け抜けていく時のお尻の揺れ方がすごくよかったw無駄な脂肪がついてない、筋肉質な、でも小ぶりなお尻。DVDにちゃんと映ってますように・・・。

12曲目の君だけにはいつもうっとり聞き入ってしまいます。
千秋楽の時は至近距離から優馬くんの表情にすごくそそられて、ジーーーっと見ていました。いい男になったよね。

そして前半のラスト、What's your name?
この曲は前回の冬のプレゾンの時から見応えあって大好きな曲だったんですけども、それを最前列から見られてホントすごかった。最初メインの3人が踊って、そのあとジュニアがガムシャラに踊り狂いながら順番に出てくるところが毎回ゾクゾクしてねぇ。特に最前列で見てるとふぉーゆー兄さんのダンスがすごくて、気付いたら私、口ポカーーンと開いてましたから。ホントだよ!そんでその顔コッシーにバッチリ見られましたからw
間奏でズボンの股間部分を持ち上げて腰をグワ~~ンと回すところが私的最大萌えポイントなんですけどもw、そこのところでは如恵留くんはちょっと私の席からでは見えないところにいたもんで、目の前のコッシー1点集中させていただきましたwなかなかいいもの見させていただきましたw
とにかく全員の迫力がすごくて1幕の最後にふさわしいダンス。最後の決めポーズの後は拍手喝采!充実感の中休憩へ。

トイレ列に並んでる間も興奮は増す一方で、早く席に戻って気持ちを落ち着かせたかったんだけどそういう時に限ってトイレ列の最後の方にしか並べずなかなか順番が回ってこなくて、気は焦るばかり。やっとトイレから出られたのは2幕開始5分前。またかよ・・・せわしすぎだよ。トイレの鏡でさっと化粧直ししてまた席へダッシュで戻りました。あぁ落ち着かない。

そしてあっという間にまた2幕が始まりました。さぁ後半戦も心して観なければ!

最初のアンダルシアに憧れては最初の翼くんのダンスがやっぱすごいですね。筋肉とか関節の使い方がプロ級だなと。
ジュニアはやはりステージ後ろの方で踊るのでイマイチ迫力が伝わってきませんでしたが・・・。

15曲目$10はやっぱワラワラみんな出てきて踊るのですごい迫力でした。衣装はイマイチだけどダンスのかっこよさが際立つ曲。
ユニットごとに見せ場を作ってもらって踊るとこもいいですね。それぞれの色がよくわかるし。兄組かっこよかった~
如恵留くんの見せ場の「如恵留飛ばし」も見事成功して、客席からも拍手もらえて、私もすごく嬉しかった。飛ばしてくれたヒロキ、コタくん、しずや(?)毎度毎度ありがとう。

16曲目愛されるより愛したいは、コッシー1点集中。文句なしのかっこよさ。

17曲目愛・革命はトラジャのダンスピシッと揃っててました。如恵留くんのパツパツでフィギュアスケート選手のようなお尻が見どころw

そして18曲目、ロマンチックタイム。
屋良くんが客席後方から出てきて、とぼけたダンスしながら最前列前を通り、私の目の前の階段で逆立ちした時はどこを見たらいいか困りましたけれどもw、ダンス後の寸劇始まる時は、屋良くんが階段降りてまず最初に通路横の私と反対側の人に両手で力強いハイタッチをしてからの出発だったので、なんだか出演者の一人になったような気分で(おい)
屋良くんが後方の扉のとこにいくと、例のごとく優馬くんとコッシーが出てきて(千秋楽はほかのふぉーゆ兄さんも出てきましたけど)、コッシー近っ!かっこいいのにすっとぼけた演技するコッシーがまた私のツボに入りまくりで、屋良くんを迎えに行った後屋良くんのかぶってたかつらとメガネをかけたりするのももう面白すぎて、曲始まってからもわざとかつらとメガネそのままで踊ったりして、かっこいいのにそういうことやっちゃうのがいいんだよなぁ。コッシーにどんどんハマっていくなぁ・・・。(ドツボ)
千秋楽の時は林くんが足袋を持ってくるくだりでお祭り忍者踊る時に履いてた黒い足袋を持ってきて「色が違う」とまず突っ込まれ、「間違えました!違うの持ってきて!」って言ったら寿司食いねぇに出る人たち全員が黒い足袋持って出てきて大爆笑でした。千秋楽ならでは!
で、プレゾン後半の公演で定例化していた、寿司食いねぇ前に屋良くんとかが衣装のエプロンとか脱がされて焦るっていうくだりで、今日はいっぱいいるから誰が脱がされるかわかんねぇぞ的な空気になって、誰かが「逃げろ!」って言ってみんな逃げたのにしめちゃんとあと誰かが捕まっちゃって、エプロン脱がされそうになってて笑った。可愛すぎた。お前ら中学生かよっていう。
そんなおふざけも加わると楽しさ倍増ですね!さすがに前半の公演ではやれなかっただろうからね。

19曲目の寿司食いねぇは本当に楽しい♪
私がプレゾンにハマるきっかけになった2012年のプレゾンDVDの中で一番心奪われたパフォーマンスなのでね。それを生で見られるっていう幸せ。
みんな楽しそうに踊っててな。コミカルなダンスがいいよね。でもなにげにハード。
オーダー取り隊のでっかいエンピツも近くで見られて感動でした。ちゃんと先が黒くなってんだよw
辰巳くんがタオルが取れちゃって手で掴んだまま踊ってた。
あの曲も目が足りない。早くDVDでいろんな人ロックオンで見返したいです。

20曲目フラワーも客席降りの曲で、いろんな人とハイタッチできましたけど、
後半でふぉーゆーとゼイがステージに座って歌うところがワチャワチャしててホントかわいくって。特にやまりょのかわいさがピカイチでしたわ。

21曲目のWe'll be Togetherはまず最初に出てくる翼くんの衣装替えの速さに毎回度胆抜かれましたwさっきまでステージにいたのに・・・
この曲純粋にすごく好きです。プレゾンの最後の方で歌うバラードは毎回どれもいい曲持ってくるなぁと思いますけど、この曲も然り。みんなでアイコンタクトしながら仲良さげに歌うところもいいし、途中三拍子に体を揺らしながら歌うところも、ちょっと昭和チックなノリ方なんだけどそれをあの爽やかイケメンくん達がやると妙にかっこいいというか。
お客さんに歌わせるところは毎回声が小さすぎて出演者のみなさんに申し訳ないな、って思ったんですけど、音程が低いからなかなか声を張り上げることもできないからしょうがないですね。

そしてそして・・・出演者一人ひとりの紹介VTRが流れて感動した後の・・・ROAD TO PLAYZONE!!!
私この曲のダンスがめっちゃ好きで!毎回観るのが超楽しみでした。
これも出演者全員の気迫が伝わってくる曲で。独特の筋肉や関節の使い方するダンスが見てて圧巻で気持ちいい。
これも最後の方で客席降りするんですけども、如恵留くんがまたまた最前列前に降りてくれて、私の目の前ではなかったんですけど、ちょっと横にずれたところで踊ってくれて、じーっと見てたら如恵留くんも途中それに気づいてニコッとしながら私の方を見てくれてこれまた昇天DVDでいつも見てる振付けで今目の前で如恵留くんが踊っている、と思うとなんともいえない感動でした。
腕が出てて、体にピッチリした衣装で踊ってる如恵留くんを近くで見て思ったのは、やっぱほっそいな、って。もちろん筋肉はしっかりついているんですけど、やっぱ細いんですよ。幅がないwそれを実感しました。

その後暗転してその日の1曲目からの映像がスクリーンに映し出され、あぁこれもかっこよかったな、これも、って思い返してるうちに・・・

23曲目、Guys PLAYZONE!!!
プレゾンの代名詞の曲です!!!
ほんっと迫力がすごかった!!!出演者のみなさん、最後のガイズだから超気合い入って踊ってたのがひしひし伝わってきましたよ。
どこ見よ?どこ見よ?ってキョロキョロしていたらば、いきなりトップバッターで踊っていたMADのこたくんが私の視界にドアップでフレームインしてきまして・・・あれビックリしたよぉ。私の前に客席降りしてきて私の顔を覗き込むようにしてしばらく踊ってましたからね。壁ドンでくどかれてるかのような(おい) 目を逸らしようがありませんでしたね。めっちゃアピールされましたw
いつもはガイズの時も双眼鏡で如恵留くんばっかり見てたけど、せっかくの最前列なんだから今回はその時メインで踊ってる人達を堪能しようと思い、続くゼイくん達もじっくり見させていただきました。自分達の見せ場が終わった後満足げな表情でニコッとして雄叫びあげながら去っていったやまりょが爽やかでかわいかったなぁ。
ふぉーゆーの見せ場の後、コッシーが私の前の階段でいきなりアクロバット的なことを始めた時は、コッシーの長い足で蹴られそうなぐらい近くてまた後ろに身を引いてしまいました。でもそんな距離で見られて幸せ~。
兄組の時は如恵留もチラ見しながらみゅーとのダンスを目の前で堪能できました。足長かった~。ヒロキもかっこよかったよ。
兄組見せ場の後例のごとく如恵留はなんかアクロやるかな?と思ったら、バック転からのバック宙。疲れ切った体で最後の力を振り絞ってのアクロ。さすがです。
最後、全員で踊るところで、またまた目の前がコッシーだったんですけども、私の大好きな股間をクイックイってしながら前に出てくるところで、私がコッシーの股間に食いつくように下からガン見する形になってしまったら、コッシー恥ずかしそうに顔横に向けて苦笑いしてましたwwいやわざと食いつきで見たわけじゃないよ、たまたまそうなっちゃったんだよたまたま・・・
Guysが終わった後の観客からの歓声すごかった!大盛り上がりだった!これぞプレゾンだぁ~~~!!!

そんでまた暗転してなんかの映像が流れたんだったっけ?(この辺5回も観たのにうろ覚え)
そして正真正銘最後の曲、Liar。
黒いタキシードに身を包んだ出演者のみなさん、ビシッと揃ってて素晴らしかった。最後の締めくくりにふさわしい、堂々としたダンシンでした。

カテコも2回して、それぞれのユニットの紹介の時はそれぞれのユニット名をお客さんがみんな声を揃えてC&Rしたり、会場が一体となって。すごくいい空気感でした。出演者のみなさんも顔が自信にみなぎって、やりきった感があって、輝いてたなぁ。
翼くんの最後の挨拶で、「これからも色んなところでプレゾンファミリーのみんなが活躍していくと思うので、応援お願いします」って言ってて、うん、うん、もちろん応援するよ、み~んな応援するよ!プレゾンファミリー最高!って思わずにいられなかった。みんな個性があって魅力があって素晴らしいメンツだよ

そして・・・カテコでは如恵留くんに手を振ったらめっちゃかわいいぶりっこ笑顔でニコッとして手を振り返していただき(それも何回も)、最前列から如恵留担を本人にアピールできたかな?やることはやったぜ!って感じですw如恵留くんこんなオバにかまってくれてありがとう。最上級に幸せでした~~~
「楽しかった~!」って叫んだ如恵留くんの生声もちゃんと聞けました
プレゾン最初の3回の観劇では、あの如恵留くんの髪型がイマイチ気に入らなくて、正直少々興ざめしてたところもあったんですけど、千秋楽でそんな気持ちはどっかに吹っ飛んでったよ。どんな髪型でも如恵留くんは如恵留くん。神対応で優しくてぶりっこで、でもアクロバティックで身体能力高くてセクシーな魅力のある人。これからも応援します!!!

感動のうちに幕が降り、ふぅ~~~っと深いため息をついたのもつかの間、ステージにはつーこさんが現れ、いよいよ千秋楽恒例のお見送りが始まります!
噂には聞いていたけど、去年ぐらいから一人一人の濃厚な絡みはできなくなってサラッとお手振りだけで終わるみたいだったので、あんまり気負いしないで1階ロビーへ向かいました。もう本編でさんざん濃厚な絡みをさせていただいたので、それで充分。それ以上は期待しないよ、って感じで。
案の定、1階ロビーに到達すると、スタッフの手によって例のごとく高速で進まされて、出演者の前を手を振りながらあれよあれよという間に通り過ぎる形になり、ろくに顔も見れないまま一瞬で終わってしまいましたけども。
でも高速なのはわかっていたので、ピンポイントで如恵留くんとコッシーの顔だけではちゃんと見ようと思っていたので、そこだけはぬかりなくやりました。
残念ながら如恵留くんは違う方を見ていて目を合わせることはできなかったんですけど、コッシーはバッチリ目を目を合わせてお手振りできまして、軽く会釈なんかもしちゃったりして「オバちゃんが調子にのってすいませんでした~」って心の中で謝っときましたww

外に出るとだいぶ前から挨拶待ちで座ってたであろう乙女たちが花道を挟んでぎっしり!!その中を千秋楽見て出てきた人達は「すいません・・・」って感じで通って、挨拶待ちの列の端の方について座りました。
お見送りが全員終わるまで結構時間がかかったのでその間狭いところにギューギューになって待ってるのつらかったんですけど、最後だからやっぱり外の挨拶も見たい、と思ってひたすら我慢。
そしてとうとうプレゾンファミリーが外に出てきましたよぉ~!
スポットライトとかないので、暗くて見づらかったんですけど、プレゾンファミリーはみんな気をつかってペンライト持ってでてきたのがかわいかったです。メインの3人が挨拶して終わったんですけど、やっぱり花道近くの人たちは近くでガッツリ見れたんでしょうけど私がいたところからは小さくしか見られなかったんで、まぁ雰囲気だけ味わったって感じかな。
でもプレゾンファミリーのために青劇前にあんなにギッシリとものすごい数の人が集まったっていうのが、やっぱり愛されてるなってつくづく思いました。本人達もうれしかったでしょうね。

帰り道はフワッフワしちゃってどうしようもなかったですけど、本当に奇跡が起こったというかこの先3年ぐらいのジャニ運を使い果たしたような感じで。こんなに幸せなことがあっていいのかっていう。テンション高いのがおさまらなくて困りました。夢の中にいるようなんだけど、しっかりこの目で見た満足感もあって。私のジャニヲタ史で一番の思い出になったと思います。1週間経った今もまだ余韻が残っているってすごいよね。早くDVDで見返したい。そして冬のプレゾン早く来い!!!


今度如恵留くんに逢えるのはいつかな・・・。
     

コメント

Secret

     
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルナ

Author:ルナ
東京近郊在住。2006年初頭から嵐相葉・∞大倉担を続けていたが、2010年に突如NEWS手越に担降りし、その後NEWS加藤担→Kis-My北山担→ちょこっとABC-Z橋本担とどんどん担降りし、2年ぐらい前からは晴れてジュニア担に!今応援しているのは川島如恵留くん、高橋颯くんです。ふぉーゆーの越岡くんもキニナル。1人に絞れない気まぐれヴィーナス☆家事・子育て・パートをしながら、日々ヲタ活動にいそしんでいます♪

最新記事
ドリコム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
☆NEWS/ARASHI /EIGHT      PEOPLE
NEWS PEOPLE
ついったー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。